お葬式の服装

ご遺族

お葬式の服装は喪服を着用します。喪服には正式と略式と呼ばれるものがあり、参列する側は略式の喪服を着ましょう。正式なものを持っていたとしても、親族より格が上がってはいけないので略式を着るのが参列者のマナーです。ではどんな服装を選ぶと良いのでしょうか。お葬式の服装のマナーをご紹介します。葬儀や告別式の場合は基本的にブラックフォーマルを着ましょう。男性はブラックカラーのスーツを着用します。形はシングルでもダブルでも大丈夫です。靴やネクタイは黒にし、シャツは白を選びましょう

 

女性は黒のワンピースやアンサンブル、スーツにしましょう。原則、肌をあまり見せてはいけないので、夏場も五分袖まであるものが良いでしょう。ストッキングと靴は黒にしましょう。アクセサリーは男性の場合、結婚指輪以外は外しておきましょう。ネクタイピンは付けないのがマナーです。女性も結婚指輪程度が望ましく、もしパールのネックレスをする場合は1連のものにしましょう。派手な化粧やネイルは控えてください。殺生を連想させるものは、もちろんNGです

 

お葬式での子供の服装は、学校の制服を着ましょう。制服がない場合は、ブレザーに白シャツ、黒のズボンやスカートで参列しましょう。赤ちゃんは白やベージュなど自然な色味が良いでしょう。手に入ればモノトーンの服があればより良いです。お葬式に参列する場合は、遺族の方に失礼がないように服装には気を付けマナーを守りましょう。