冠婚葬祭のお返し時のマナー

冠婚葬祭の時にお祝いを頂くことはあるのではないでしょうか。頂いた時は貰いっぱなしは失礼になります。感謝の気持ちを込めてきちんとお礼をすることがマナーです。それではお返しの仕方を見ていきましょう。結婚祝いや出産祝いなどの冠婚葬祭の場合はお返しとは言わず、内祝いと言い、幸せのおすそ分けと言う意味合いで贈るものです。ただし結婚祝いの場合、式に参列してもらうと引出物を渡します。この引出物は内祝いの代わりになるのでお返しは重ねてしなくていいの覚えておきましょう。

 

お祝いを頂いた時には、頂いた金額の半分〜3分の1の金額を目安にお返ししましょう。頂いたら出来るだけ早めに、1か月以内にはお返しを贈るのがマナーです。お返しの品物は相手が貰っても困らないものをあげるといいでしょう。金額の高いものなら、布団や毛布など、また食器も一般的によく贈られます。金額の安いものなら、タオルや紅茶パックセット、お菓子の詰め合わせなどが選ばれています。日用品や消耗品にすると大体のご家庭で使うことが出来るので喜ばれるのではないでしょうか。

 

お返しは気持ちが大切ですので、相手にあげたいものを選んでください。冠婚葬祭の時の対応でその後の関係も深まります。相手に失礼がないようにマナーには気を付けましょう。また、お祝いを頂いた時はお返しはもちろんですが、頂いた時に直接お礼を言えなかった時は電話でお礼をきちんと伝えることが大切ですよ。こういった基本のマナーも身につけておきましょう。