長寿祝いをする時

御爺ちゃん

長寿祝いは60歳の還暦から始めます。続いて70歳の古稀、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿などがあります。長寿祝いは、昔は数え年の誕生日に祝っていましたが、近年では満年齢で祝う人が増えています。ただし還暦は満60歳、数え年61歳でお祝いするのが基本です。長寿祝いはどのように祝うのが良いのでしょうか。お祝い方法は贈り物を渡すのが一般的です。長寿祝いにはそれぞれお祝いの色があります。その色に因んだ贈り物をあげるのもいいですね。

 

昔は還暦のお祝いによく赤いちゃんちゃんこが贈られていたのは有名な話ですよね。今は日用品などがメジャーな贈り物です。衣類を選ぶときは若々しく見える色味のきれいなものを選ぶと良いですよ。長寿祝いは贈り物の他に、家族で食事に行ったり、旅行に行ったりする方もいますよ。普段は行かないような少し豪華な和食の料理のお店や、温泉につかってのんびりするのも良いですよね。せっかくのお祝い事ですから本人の希望を聞きながら、家族みんなが集まって楽しめるようなことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

普段忙しくてなかなかお祝いが出来ないという人は、電報を贈るのもおすすめですよ。メッセージだけでなく、ぬいぐるみを付けたり、バルーンを付けたり出来るので、シーンに合わせて贈ることが出来ますし、形に残るものは記念になるので貰った方もうれしいですよね。感謝の気持ちを伝える機会はなかなかないので、長寿祝いをして日頃のお礼の気持ちを伝えましょう。